かに漁・甘えび漁 底曵網船船主の店
ずわいがに・加能がに・甘えび・鮮魚・水産加工品 卸/小売り

加賀・橋立港
ずわい蟹とは?

ずわい蟹は、日本海に季節風が吹き出す
11月〜翌年3月頃まで 水揚げされ
沿岸はカニ漁に出る底曳網漁船で活気づきます。

石川県では、雄を「ずわい蟹・加能蟹」
雌を「香箱蟹:コウバコガニ」
福井では越前蟹、雌はセイコ。
山陰地方では松葉蟹、雌はオヤガニと呼び、

雌は甲幅15cm、雌は7〜8cm。
雄が脚を伸すと左右70〜80cm、
通常は水深40〜200mで
水温5℃以下の砂泥底に棲んでいます。

雪国、冬の味覚王として君臨している贈り物の第1級品です。

TOPに戻る

はじめに
■ずわい蟹とは?
香箱蟹とは?
旨い理由1
旨い理由2
蟹の選び方1
蟹の選び方2
産地証明

茹で方/保存方法

橋立産ずわい蟹
ずわい蟹とは?

次へ>>
戻る<<

WEB SHOP
蟹のご注文
当店のご案内 お食事・メニュー web shop
橋立港 本店 割鮮しんとく 橋立産ずわい蟹
金沢港 支店 お品書き ひもの/のどぐろ
割鮮しんとく 季節料理 甘えび/昆布締め
橋立の蟹について かに料理 酒の肴/珍味